このシーズンオフに契約したFAで注目するべきは、GBから移籍してきたClay MatthewsとBALから移籍してきたEric Weddleでしょう。

この記事ではOLB: Clay Matthewsについて書いていこうと思います。

Clay Matthews1


彼は、2009年のドラフトでGBによって1巡目26位で指名された、11年目33歳の選手です。
彼の父親も祖父もNFLでプレーした経験のあります。また、彼はカリフォルニア出身、大学もUSCという地元出身の選手でもあります(彼の幼少期にはLAにNFLのフランチャイズはありませんでしたが)。この度、Clay Matthewsとは2年契約をしました。

昨シーズンのRamsD#が3-4でラインアップするとき、OLBに入るのは#50 Samson Ebukamと#56 Donte Fowler Jr.の2人でした。ニッケルをいれるときはDonte Fowler Jr.のほうが残ることが多かったイメージなので、Clay MatthewsはSamson Ebukamにアップグレードを目的で獲得したのかなぁと思います。ただし、ここ数年のClay Matthewsは、GBがSBを獲得した時ほどのラッシュ力は無いように感じますし、比較的若い2人とそこまで差があるのかはわかりません。Suhがいなくなることも見越して、全体的なラッシュ力を維持したいのですかね。ちなみにMatthewsはGB時代にILBのプレイ経験もあるので、そこらへんで幅を出せるかもしれませんね。
実力面だけでなくてSBを獲得した経験のあるベテランを獲得したことにも意味があると思います。昨シーズンはTalibとAndersonがSBを獲得した経験がある選手でしたが、2人とも通年で試合に出ていたわけではありませんでした。Matthewsにはそこらへんも含めて力になってほしいですね。


Clay Matthews2

金髪ロングがトレードマークです。